logo

おはなしカレン  ギャラリ−

  //----------------------------------------------------------
01

春暁 孟浩然 偶成 朱熹 客中初夏 司馬光
02 02 02
 春の早朝はあたたかく、夜が明けたのも知らず寝すごしてしまった。 ふと眼をさませばあちこちで小鳥の声がきこえる。 池の堤の若草の上でまどろんだ春の日の夢がまだ覚めないうちに、 階段の前のアオギリの葉には、もう秋風の音が聞かれる。 四月、清和の雨はすぐに上がり、空は晴れ今はひまわりが太陽に向かう頃となった。
春夜 蘇軾 コンテンツ操作
02 02
春の宵は一刻が千金に値すると思えるほど素晴らしい。 花は清らかな香りを漂わせ、月はおぼろに霞んでいる。 コンテンツ操作の為の簡単に説明 @ 〜 Dまで

//----------------------------------------------------------
01
     
 スライド版は、本を読む感覚に近く、その人のスピ−ドでペ−ジをめくれます。
 作品の絵の部分を、クリックすると再生が始まります。
望廬山瀑布 李白
春夜洛城聞笛 李白
客中初夏 司馬光
02 02 02
三千尺もあろうかと思われる飛ぶような流れがまっすぐ落ちている。 天の川が天空より落ちてくるかのようである。 春夜,どこからか聞こえてきた笛の音に 望郷の涙を流している。 出郷の折おそらくせつりゅうの曲で 送り出されたのであろう。 まるで夏休みの絵日記のような詩。 淡々としたありふれた日常を切り取って詩とするのが宋詩の特色。
涼州詞 王翰
歩出夏門行 (神亀雖寿)
垓下の歌 項羽
02 02 02
葡萄美酒に夜光杯 兵士はうたいます。 「私が酔って転んだからといって笑わないほしい」「ここは、戦場で、明日もしれぬ身なのだからと」 老驥(ろうき)櫪(れき)に伏せども,志は千里に在り。 壮年を超えて更に先を望む心、曹操 実に魅力的ですね、かくありたいと この詩は、項羽が劉邦と覇権を争ったおり垓下で 四面楚歌の状態となり、自らの滅亡をさとり、別れの酒宴で歌ったものです。
春夜喜雨 杜甫
漁翁 柳宗元
江南春望 杜牧
02 02 02
春の夜、雨を喜ぶ
恵みの雨は降る時を
知っていて春に入ると
萬物を芽吹きださせる。
 年老いた漁師が夜.西岸の岩に舟を寄せて停泊した。 明け方に彼は水をくみ、 楚竹を燃やし朝食を作る 江南の春。南朝時代の四百八十を数える寺院が ありおおくの楼閣が春の霧雨にけぶっている。
遊子吟 孟郊 七歩詩 曹植 尋胡隠君 高啓
02 02 02
慈愛深い母は、
針と糸を手にして、
遊学に旅立つわが子の
服を密に縫っている。
曹丕は弟の曹植に対して
七歩吟詩一首と命じます
兄曹丕を(豆がら)に
自分を(豆)に例えての詩。
覚えず君が家に到る
春風 江上の 路を
水を渡り また水を渡り
花を看  また花を看る
清明 杜牧(とぼく) 月夜 杜甫 (とほ) 桃夭 (詩経)
02 002 002
牛飼いの子供に出会った旅人
「酒を売る店は、どこかな」
と尋ねると、指差した先に、
白い杏の花が咲く村が見えた。
今夜?州の月を妻は独り眺めていることだろう。 可哀そうな幼い子供たちは、まだ何もわかるまい。 桃の木はわかわかしく、
その花はあかあかと輝く。
この子がこうして嫁いでゆけば、家庭はきっとうまくゆく。
漢詩01 スライド 代悲白頭翁 スライド
楚辞 離騒
02 02 02
漢詩
・春暁 孟浩然
・偶成 朱熹
・勧酒 于武陵
・対酒 白楽天
・春夜 蘇軾
代悲白頭翁 劉希夷
劉希夷(西暦651−679?)。
琵琶の名手で美男の誉れ高かった。
屈原 作
主人公は王族の生まれながら
この世に受け入れられず、
天上への旅を企てます。


手袋を買いに ビデオ 手袋を買いに HTML版 枕の草子   HTML版

02 02
手袋を買いに (新見南吉 作)

ビデオで

手袋を買いに (新見南吉 作) 枕の草子 (清少納言 作)


01

免許更新時認知機能検査
並脳鍛錬プロジェクト
並脳鍛錬Help
02 02 02
免許更新時に行われる 
高齢者用認知機能検査

近日中に試験を控えた貴方に 画像記憶速習タイプ
並脳鍛錬プロジェクト
プロジェクトの目的 
貴方の記憶力を測り、
鍛錬し向上させ
脳を活性化させる
3333333333333

並脳鍛錬プロジェクト


02

並脳鍛錬プロジェクト
プロジェクトの目的 
貴方の記憶力を測り、
鍛錬し向上させ
脳を活性化させる





←戻る 最初のペ-ジへ ペ-ジのトップへ↑ 進む→
01  02Copyright (C) All Rights Reserved. http://usakoma.lolipop.jp/ganimede